建設業許可申請

1.建設業とは

「建設業」というと一般的に建設工事を行う事業者全てを指して用いられていると思われがちですが、実は、建設業は「土木工事業」「建築工事業」の2つに大きく分けることができます。
1 土木工事業
道路、港湾、河川、橋梁、下水道、宅地造成など社会インフラの基礎部分を作る建設工事のことです。
2 建築工事業
土木工事により整備された基礎の上に、居住用建物や事業用建物を新築・増改築等をする工事のことです。

2.建設業の種類

建設業の業種は28種類に分かれています。
「建設業法では、建設業を営む場合に、その業種ごとに建設業の許可を受けなければならないとされています。
28種類の業種のうち「土木一式工事」と「建築一式工事」は、それぞれ土木工事全体と建築工事全体を総合的に管理し工事を仕上げるメインの業種です。
この2業種以外の26業種はそれぞれ土木工事や建築工事の工程や作業を細分化したもので、専門工事と呼ばれるものです。
なお、土木一式、建築一式の許可を持っていても、「各専門工事の許可を持っていない場合は500万円以上(消費税込)の専門工事を単独で請け負うことはできません。

3.許可の種類

2つ以上の都道府県に営業所がある場合は「国土交通大臣許可」、1つの都道府県に営業所がある場合は「知事許可」になります。
なお、建設工事自体は営業所の所在地に関わりなく、他府県でも行うことができます。

また、請け負う工事について下請けに発注する金額が1件あたり3000万円(建築工事の場合は4500万円)以上の場合は「特定建設業」、建設工事の全てを自社で施工する会社、あるいは1件あたりの下請けへの発注額が3,000万円(建築工事の場合は4,500万円)未満である場合は「一般建設業」に許可が分かれます。

4.費用

法定費用 事務所報酬(税込) 合計
東京都知事申請(新規)  90,000円 162,000円 252,000円
東京都知事申請(更新) 50,000円 86,400円 136,400円
※ 当事務所の建設業許可申請業務は「東京都専門」です。
皆様のお悩み解決や、法務関連でのサポートするために
一生懸命案件に着手致します!
相続手続き、遺言書作成、入管申請、会社設立、建設業・産廃業・宅建業等各種許認可申請など、
東京都内はもちろん近隣の千葉、神奈川、埼玉の方でもわかりやすく、迅速な法務手続きを遂行します。
また、ライフコンサルタントとして、保険に関する様々なご相談も随時受け付けております。
日常生活上のお悩みや、法務関連でお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。